ポルトガル旅2016(22)

さてさて、ギマランエスのレストラン「O RETIRO」での体験も最終日。

店の前で立ち話をしていたら、マリアさんの仕込みは始まっていた!

串焼きは炭火焼になります。ポルトガルの美味しい塩とレモンで味付け。

バカリャウ(干し鱈)の仕込みもこんなに大量!

働き者のメンズが火起こし。

ついた!

脂を落としながら、じっくり焼かれます〜。なんとも美味しそう!

驚いたのが、こうやって、お持ち帰り(Take away)のオーダーもたくさんあること。

ランチはいつも満席みたいな店なのに、ラッシュはその前に訪れるのです。

常連さんは、自分の家の鍋や皿、保存容器を持ち込んでオーダーします。

昔の日本みたいですね。「手鍋持って」という感覚。

はいはい、お待ちかねのまかないタイム!

8月の教室でもお披露目した「Frango estufado」(骨つき肉の煮込み)↑には、白ごはんを添えます。

ポルトガルは欧州1の米の消費国で、米料理は大変多いのですが、炊き込み御飯系だったり、リゾット系というのが普通です。

白ごはんは食べないと思っていたので、新鮮でした。

教室の生徒さんは、全員日本人ですので、この食べ方は大好評♪

魚のフライには、豆入りのリゾットが付け合わせ。

これも美味しいですよね〜。

ハウスワインも造られてるんです。

ロゼのスパークリングをいただきましたが、おいしかった〜。

カウンターの前を横切った時、この白い塊が見えて、「え?今の何??」と。

メレンゲのお菓子だったんですねー。

まかないの時に、さっとサーブして、Cさんが持ってきてくれてたんです↑

何のことかわからずにいたら、さっきの白いのにソースをかけたデザートです。

「Pavlova de frutos vermelhos」と言うそう。

シャイだけど、優しくて気が利くポルトガル男性、いいですね!


ポルトガルに入ってからも、予定が決まらずにヤキモキしたり、宿泊日数が増えたり、いろいろあったけど、生の現場(厨房)に入れてもらえるのは、貴重な体験でした。

「O RETIRO」の皆さん、現地で大変にお世話になったPさん親子、ありがとうございました!

Muito obrigada todos!!

また、紹介をお願いしたSさんにも大感謝です。

ギマランエスに行かれることがあったら、ぜひ、レストラン「O RETIRO」まで、足を伸ばしてみてくださいね。

Gostaria de recomendar Restaurant "O RETIRO quando você visita a Guimarães ♪

旅は、いよいよポルトへ続きます。

料理家 栗山真由美's web

料理家 栄養士 栗山真由美 のウエブサイトです。 旬の素材のおいしさを存分に引き出した、シンプルかつ、健康的な料理を心がけています。 書籍、雑誌、テレビ、ラジオなどの媒体で料理を伝え、イベントやケータリングなどもさせていただいています。 ポルトガル料理を中心とした料理教室 Amigos Deliciosos を主宰し、日本ポルトガル協会の教室の講師もさせていただいています。